ふすまの張替えは手間がかかる|プロに依頼しよう

建具の補修は

障子

業者なら仕上がりもきれい

障子は日本古来の建具で、様々な利点があります。部屋に入る眩しい日差しを優しい光に変えてくれます。窓ガラスの内側に設置すると外からの目隠しだけでなく断熱性も高くなります。冬場は放射冷却を防ぎ窓の結露を減少させる働きもします。また部屋の仕切りとしても使え、ドアのように光を遮らないので家の中が明るくなります。それに室内の嫌なニオイや余分な湿気を吸い取る役割もはたします。このように様々な機能がある障子ですが紙なので破れや変色、汚れなどのトラブルが起こります。このような場合は張替えをしなければなりません。障子の張替えは材料も市販されており比較的簡単な作業です。しかし、以外に時間と手間がかかり場所もとります。張替えをしているときはひと部屋が使えなくなってしまいます。また上手く張替えできたと思ってもノリが乾いたらたるんでいることもあります。張替えの時に古いノリをきちんと取り除かないとそれが黄色いシミになってしまいます。それに一枚張替えただけではほかの障子と比べて色のバランスが悪くなります。そのためまとめて張替え作業を行わなければなりません。障子の枚数が多いと大変な作業となってしまいます。障子の張替えは時間や場所がない場合、業者に依頼することをおすすめします。業者は障子を引き取り、張替えたあとまた持ってきてくれます。これはプロの作業ですから仕上がりも満足できる美しい障子となっています。業者は障子紙のカタログなども持参してその家に最適なタイプをアドバイスしてくれます。